D9BB507A-DDCF-4778-A353-7B86D4E2EF8A.jpe

何気ない日常の中でふっと
笑顔になれる作品を作り続けたいと
思いながら作陶しています。

展示会歴
2013年〜ポール・ロリマーと『父娘展』
2013年〜ナミ・ロリマーと石垣島やきもの祭りや展示会に出展
​2015年 ニュージーランド、コロマンデルの『driving creek railway』にてアートツアーに参加
2021年 渋谷PARCO Island 
Slipper POPUP
​2022年 浦添PARCO 島の装い展 

​キャサリン・ロリマー

​Catherine Lorimer

1985年 沖縄県 石垣島生まれ 陶芸家の元に生まれる

母:奈美・ロリマー 京都や備前で修行しNZに渡り帰国後、独自の表現方法を見出す。
父:ポール・ロリマー NZの焼き物文化と岡山県の松園で学んだ備前焼がルーツとなる。

​10代の頃から国内、アメリカ、東南アジア、中国などを回り27歳の時に父の故郷であるニュージーランドに留学。
その中で日本、特に沖縄というを外から見て自然の豊かさ、伝統芸能の大切さ、文化の違いなどを改めて感じる。

2012年 帰国後、母の作陶を見て生涯の仕事にしようと決意し奈美・ロリマーに師事
2015年 陶芸家の両親の師匠バリー・ブリッケルの元で作陶
2021年 沖縄県沖縄市にNANTOUYAKIとして独立

CREA Traveller 4/15.2022

CREA Traveller 4/15.2022

掲載情報

掲載情報

CREA Traveller 1/15.2022

CREA Traveller 1/15.2022

UNIQLO Life Wear Magazine

UNIQLO Life Wear Magazine

手から沖縄を感じて欲しい

県内で採取した原土(げんど)を水と混ぜて余分なものを取り除く作業、水簸(すいひ)をし粘土を作りますが、沖縄の粘土は耐火性が低く粘りなどを出すために

約3箇所の土をブレンドし粘度や強度を上げています。

私の食器を通して沖縄を感じて欲しい、沖縄の人として誇りを持ってこの島の粘土を使っています。

3BD43165-0ED1-411E-A8B7-290E0D66441F.jpeg